menu
menu

健康とは…?

何でも手軽になった時代

sea1

化学や産業の目覚ましい進歩のお陰で、私たちの生活は大変便利になっています。 手軽に得ることの出来るものは昔に比べとても増え、楽になったといえるでしょう。私たちは便利で手軽な生活でほとんど全ての要求を満たすことが出来るのです。

では、本当に何でも便利で手軽になったのでしょうか?

様々な汚染に蝕まれた環境で、私たちは身体を壊しやすくなっています。 空気汚染をはじめ、地球自体に影響を及ぼすような環境汚染。それに加え、心理的、精神的なストレスに起因する病気も取り沙汰されています。しかしその一方で、病気を解決する強力な医薬品があるので安心もしています。

では、それは本当に安心できる状態なのでしょうか?

病気は環境に適応しつつ、進化しています。去年購入した風邪薬が今年の風邪に効かないのは、その一例といえるでしょう。せっかく便利で手軽なはずの生活であっても、唯一、手に入りにくいのは「健康」といえるのではないでしょうか。誰もが元気にはつらつと暮らしているわけではないのです。


健康だという実感

sea2

最新の医学と化学の力に私たちは支えられています。
即効性のある劇薬を飲用して病気が治り、健康を取り戻したと思っています。また、日常の不足がちな栄養素をサプリメントで補い、健康に配慮していると思っています。

最近は、多くの効能を持ち、急激な体調の変化を実感出来る医薬品が手軽に入手できるからです。ところが、いくら健康を取り戻したといっても、健康に配慮しているといっても、その実感がわかない人が多いといいます。たとえ、お腹いっぱいになるほど健康に良いものを摂ったとしても、 いまひとつ、健康になったと実感できないのは不思議な事実かもしれません。

医学や化学の進歩に伴った強い効果を持つ医薬品や化学物質を身体に投入させることで、病気からの回復を手軽に得てきているのです。

しかし、この蓄積が、より強力な作用のあるものでないと身体が反応しないという仕組みをも作ってしまいました。 言い換えれば、「急激な身体の変化」として効果が分かるものでないと、納得出来なくなってしまったのです。


澱みと流れ1

sea3

私たちは健康を手に入れるために、あれこれと有効で優れた試みをしています。
 食事以外でも様々な栄養素の補助が、完璧に数値証明された物質を摂取することで簡単にでき、しかも入手も手軽にできるのです。
ここでひとつ、考えてみて下さい。 それが本当に健康のためになっているかどうかということを。

そもそも人間には、自然治癒能力というものがあります。風邪を引くと熱が出るのは、風邪のウィルスを熱によって死滅させようとする、自己防御なのです。咳や鼻水などの諸症状も、風邪のウィルスを体外に排出しようとする自然な行為です。西洋医薬品は、熱などの諸症状を緩和し、抗生物質などに頼ってウィルスの力を抑えます。
医薬品は大変手軽ですし、効果もすぐに現れることがあります。しかし抗生物質は、ウィルスを抑えることと同時に細胞の働きも止めてしまいます。
これを続けてしまえば私たちの抵抗力をさげ、自然治癒力は無くなってしまうのです。 つまり、薬がないと健康を取り戻せない身体になるし、薬を飲めば身体の機能が低下していくという矛盾を無視し続けていると言えるのです。

自然治癒力という人間が持つ素晴らしい能力を、川にたとえてみましょう。


澱みと流れ2

sea4

流れのある川の上流から笹舟を流したら、水流に乗って下流へと届きます。ところが、その川の流れを途中で塞き止めてしまったり、何か障害物を置いたら笹舟は下流へは届きません。さらに、その障害物をずっと放置しておけば、やがて川全体の流れが止まり、澱みが出来てしまうことになります。
川に住んでいる生き物はどうなると思いますか。
 上流から浄化された水が常に流れていた状態であったのに、その水が流れてこなくなるのです。 水が汚れ、そのうちに生物たちは死滅してしまうことでしょう。澱みが澄んだ水を汚染していくのです。

人間の身体の場合だと、こうなります。

上流から栄養素が血液に乗ってやってきます。末端には無数の細胞が栄養素の届くのを待っています。ところが血液の流れに何かしら塞き止めを作るような障害物、たとえば工的に作られた不自然な医薬物などがあったり、流れを変えるようなことがあった場合、栄養素は細胞に届きづらくなります。
末端の細胞はやせ細り、そのうち機能できなくなってしまうことでしょう。澱んだ血液の流れが血液だけでなく、私たちの身体を破壊していくのです。

栄養素が全身に届かない身体は果たして健康でしょうか。


急激な変化1

sea5

身体が自然に機能する状態を待てずに、私たちは即効性を重んじてきました。さらに強い薬品を体内に入れることで、効果を実感してきました。これでは身体に負担をかけるイタチごっこはとどまるところを知りません。
健康になりたいのに、不健康を保っているようなものでしょう。

「効果がすぐに分かる」という急激な変化は有益なことと言えるでしょうか。
汚染された川に鮭が戻ってきた例があります。当初、生活排水や工業廃水、大量のゴミが無神経にも川に捨てられていました。ヘドロは川底を埋め尽くし、生物が全滅してしまった川。川と呼ぶよりはむしろ、下水路になっていました。
この川を自然の美しい状態に戻して鮭を呼び戻そうという計画が、自然を失い、人間に害が及ぶことが明らかになってから初めて実施されました。まずは、ゴミを取り除く作業から始まりました。空き缶、ビニール袋に始まり、果ては自動車のスクラップまで、時間が経っても土には戻らない物質ばかりでした。ヘドロを掻き出し、澱みを無くしました。次に汚水を流さない工夫をしました。
  川に戻される水は浄水された後になり、工業廃水は有害な成分を決して流さないように法律がつくられました。
  これらの作業に莫大な費用と時間を要しました。これらの作業と努力を続けても、一旦汚染した川を澄んだ水に戻すための結果が見え始めるには10年以上もの歳月がかかったのです。

しかし、鮭が川に戻って来るにはまだ必要なことがありました。


急激な変化2

sea6

ただ澄んでいる水というだけでは生物は生きられません。酸素飽和度の高い、ミネラル分を多く含んだ水が藻や魚などの生物を育てるのです。生物は酸素が十分な環境がないと生きることができないのです。藻が出来るようになって、小さい魚の稚魚を川に放しました。
本当に川が生き返ったかという試みはいろいろな方法で時間をかけて繰り返されました。

自然を壊さずに守ることが最も必要だったのです。

澱みが無くなり、酸素とミネラルが十分になった川には、この計画が始まってから20年以上経ってやっと鮭が戻ってくることが出来ました。
この川に水質が良くなるからといって、化学薬品を多量に投入しても生物は生きられません

もし私たちが、『健康を取り戻すためにはより強い物質を大量に摂れば良い』と思い続けてきているとしたら、同様に全く意味が無いと言えるでしょう。
私たちは手軽さや便利さを追うばかりに、自然な身体の機能を無視し続け、破壊してきたのですから。


本来の機能

sea7

血液が障害物に邪魔されることなく身体を循環していることや摂取した栄養素がきちんと細胞に届くことにはあまり目を向けられてきませんでした。闇雲に良いと言われる栄養素を摂り続けてきただけといっても過言ではありません。
  栄養素が使われることなく、体外へ流れ出ているとしたら実に無益な話だと思いませんか。

私たちの身体には、新しい細胞が作られる
新陳代謝」、
身体の異変を察知した時に自ら治そうとする
 「自然治癒力」、
そして、体内に入り込んだウィルスに打ち勝つための
 「免疫をつくる」
という働きがあります。

例えば、切り傷をして血が出てしまっても、ある程度時間が経つとかさぶたになって皮膚が再生し、以前よりも強い状態になることが出来ます。つまり、自前で修復したり、新品を調達できたり、より強くなることができるのです。これらの働きは身体の中で自然に行われています。しかし、身体の自然な働きを変えたら機能出来ません。
死んだ川が蘇った例のように、大掛かりな仕組みや莫大な費用を投じて健康を取り戻すべきなのでしょうか?


生きていくための必要な酸素

sea8

空気の悪い締め切った部屋に長時間いると、頭痛やだるさ、あくびが出てきます。
これは身体が酸欠を訴えている状態です。酸素が少ないと私たちの身体は十分に機能出来なくなるのです。
では、空気清浄機やマイナスイオン発生器を置いたら、この状況の解決になるでしょうか。また、一時的に機材を使って酸素吸入したらどうでしょうか。
それよりも、窓を開けて換気をし、新鮮な空気を入れた方がいいはずです。
もっとも効果的なのはその部屋から出て、自然の豊富な場所へ行くことです。
ところが、自然の多い場所が近くにないとか、窓を開けても環境の問題がある、さらには窓のない部屋である場合もあります。都合でその場を離れることも出来ないことも考えられるでしょう。解決する方法さえ、私たちは手軽に手に入れられなかったのです。
健康って何でしょう?本当の健康とは私たちの持ち合わせている機能を元に戻すことを言うような気がします。


HOME/ 健康とは?/ 酸素とは?/ AquaO2®とは?/ じっけんしつ/ お問合せ


PAGE TOP